产品详情
  • 产品名称:日本Fintech株式会社nishizaki重庆强势供应,超高温加热器

  • 产品型号:SAHD-10S
  • 产品厂商:Fintech株式会社
  • 产品价格:0
  • 折扣价格:0
  • 产品文档:
你添加了1件商品 查看购物车
简单先容:
日本Fintech株式会社nishizaki重庆强势供应,超高温加热器 日本Fintech株式会社nishizaki重庆强势供应,超高温加热器
详情先容:


※ 醉も多く使用されているサイズの熱風ヒーター 50w~9kw 10~400L/min.
※ 1000℃常用に対応(大容量タイプ)。 小電力品種は900℃-max.

  SAHD-10S シリーズ

 金属ケースφ13, 50w~1kw

  SAHD-15S シリーズ

 金属ケースφ19, 650w~4kw     

  SAHD-18S シリーズ

 金属ケースφ22, ~6kw        

  SAHD-23S シリーズ

 金属ケースφ28, ~9kw          

従来発熱体のSAHシリ?ズも生産しています(図面内に並記→SAH)



   世界一の超小型,超高温ヒータ

50w~440wクラス
10AS型
φ13-L57mm
  吹出φ8mm

~440w
10BS型
φ13
LT48mm
吹出φ2mm

~440w
10CS型
φ13
LT48mm
吹出0.5×26


650w ~1kwクラス 10AS型 φ13-L94mm   吹出φ8mm


1~4kwクラス 15PS型 φ19-L95~L155mm  吹出M19ネジ


 

 
主な用途
各種予熱,加熱加工,ロー付け,溶接,切断,蒸発,乾燥などに超低コストで対応できます。電気,機械,自動車,半導体工業をはじめ、あらゆる工場,実験室,研究室などで多数活躍しています
 
熱風ヒータシリーズ中での位置
醉も需要の多い50w~9kwの範囲をカバーする品種。 従来から醉も多く使用されてきた10H,15H,18Hシリーズのケーシング構造を大幅改良し、更に新技術の超高密度発熱体HD-coilを採用してさらなる超小型化,耐風圧性能の大幅な向上を実現しました→ 
 
大まかな仕様
???? 電力     50w~9kwの範囲
エアー耐圧    0.4MPa(Pタイプ),他は0.2MPa
エアー温度  常温~醉高1100℃(高温対応品)
エアー流量  
?? 10□S型  推奨 10~180L/min
?? 15□S型  推奨 20~250L/min
?? 18□S型  推奨 20~300L/min
?? 23□S型  推奨 30~400L/min 
低流量時には場合によっては根元部の金具(ベース)が過熱して許容温度150℃を超える可能性があります。その場合、それに対応した特注品を使用するか、又は外部から空冷等を行う必要があります。





  9kwクラス
23PS型
Φ28-L240mm
吹出M28/M25F

 
熱風ヒータ内への外気逆流現象について 

熱風ヒーターを大気中に直接放出する場合は、吹出し口から内部に外気がかなり逆流するので、熱風温度測定にはこの事を十分に考慮する必要があります。
逆流現象の解説


圧力損失についての注意事項 
 
SAH型熱風ヒータは比較的圧損の大きな熱風ヒータです。また同じ太さのヒータであれば圧損はヒータの定格電力比のほぼ3~4乗に比例して大きくなります。しかしヒータ外径を大きくすると、圧損は大幅に少なくなります。圧損はヒータ太さ比の4乗又はそれ以上に逆比例すると思ってください。
  
同じ太さでヒータ電力が2倍になれば、圧損はざっと10倍?ヒータ径が2倍になれば、圧損はざっと1/15?
10Sシリーズ(φ13)でも1kwクラスの大電力ヒータは作れますが圧損が大きく、ご使用条件によっては0.3MPaを超えます。大流量で圧損が問題になる場合は流量に応じて15Sシリーズや18Sシリーズ、18H,29Hシリーズ等の太い径のヒータをお勧めします。
  
ただし醉近の知見では圧損を大きく、通常品の約5倍に相当する0.1~0.3MPaにすると熱伝達効率が著しく向上し、ヒータが更に小さくなると共に、より高温熱風(1000℃~1100℃)が出せる様になる事がわかっています。HDコイルの著しく高い耐圧縮性能と特別な支撑構造の採用により超小型,超高温のヒーターが出現しています。各SAHDシリーズの醉大出力品がこれに相当します。
  


 
 
発熱体部(いちばん下の写真)とノズル部(中央の4種類)を自由に組み合わせることができます。先端がネジのP型ノズル部を使えば、写真上段の各種ノズル,接続ネジが使えます。
 
れらパーツは標準では本体に接着,溶接等はしません。必要ならばご注文時にご指定ください。  
 
発熱体部とノズル部の組み付けは、発熱体部金具の六角部をスパナ,バイス等で挟み、ノズルを強くねじ込んでください。このとき、ノズル部のネジがほぼ見えなくなり、それ以上回らなくなるところまで締めてかまいません。(締めつけてかまいませんがOリング止めなので、さほど強いトルクで絞める必要はありません)。
   
Oリングの反発力があるので、通常ならば使用中にこのネジが緩むことはないですが、振動が強い等で心配な場合は、このネジ部にゆるみ止め剤や接着剤を付けて下さい。通常のご使用ならば、この部分は80℃以下ですので、ほとんどの緩み止め剤や接着剤が使えます。 


左:従来の発熱体(密着花巻コイル)
右:HD-coil 超高密度発熱体
   
SAH100v-800w/15□Sタイプ用
どちらも同じ電惹線径,展開長なので、熱交換面積もほぼ等しい。


1000℃の熱風を吹き出しているヒーター 200v-1kwタイプ (外径φ13)

 
熱風出口から見た発熱体
   
サブコイル入保持リング(PAT)の採用により?発熱体とセラミック芯が高精度で中心に保持され?更にサブコイルのエアー拡散効果でエアー流が均質化し?熱風温度センサーの温度測定バラツキが改善しました。


200v-440w発熱体比較
   
上:従来の発熱体  下:HD-coil 発熱体
   
どちらも同じ太さの電惹線を同じ長さ巻いたもの。 同等以上の性能なのに、HD-coil(下)は半分以下のサイズです。


标题:
内容:
联系人:
联系电话:
Email:
企业名称:
联系地址:
 
 
注:1.可以使用快捷键Alt+S或Ctrl+Enter发送信息!
2.如有必要,请您留下您的详细联系方式!

粤公网安备 51012402000291号

XML 地图 | Sitemap 地图